流域センター概要 事業紹介 活動報告 会員情報 リンク

斐伊川流域地図

当センターの管轄である斐伊川流域をご紹介します。

斐伊川流域の概要

斐伊川は、中国山地の脊梁部、船通山に源を発し、途中、大馬木川(奥出雲町)、阿井川、久野川、赤川(雲南市)、三刀屋川(雲南市)等の支流の川を合わせながら北に流れ、出雲平野に出てからは東に向きを変え、宍道湖、中海の二つの湖を経て日本海に注ぐ、流域面積2,070ha、長さ153kmの一級河川です。

斐伊川流域地図

 流域を構成する市町村は、神戸川も合わせ島根県東部農林振興センター松江・雲南・出雲管内の、4市2町です。

 かつては,斐伊川で採取される砂鉄を原料とした製鉄業が盛んに行なわれていました。今でも各所に製鉄関係の文化遺産や川を舞台とした神話が残っており、古くから地域社会と川との関わりが深かい地域でした。

 こうしたことから、斐伊川の氾濫の様子が「ヤマタノオロチ」伝説の元になったとする説もあります。

斐伊川流域の紹介

  • 幹川流路延長 153km
  • 流域面積 2,070ha
  • 流域人口 約500,000人

流域市町村

  • 市: 松江市、出雲市、安来市、雲南市  
  • 仁多郡: 奥出雲町
  • 飯石郡: 飯南町